NEWS


nozaki HP01.jpg

ギャラリー広田美術では2018127()から1222()まで、野崎慎(ちか)展を開催いたします。

1984年生まれの野崎は、多摩美術大学大学院日本画研究領域を修了後、無所属で制作を続けている作家です。「生命の根源」を探ることが近年の大きなテーマになっている野崎は、身近な草花や自然を静かに見つめることで生命の素晴らしさを画面に留めようと試みます。

大作を含む約10点の展示を予定しています。

「日本の移ろう四季の中に咲き散ってゆく草花達の姿は、命あるものが"今ここに在る"という不思議やかけがえのない生命への愛おしさを、日常を過ごす私の心に改めて浮かび上がらせてくれます。

大きな流れに身を委ね、雨風や雪の中にもひたすらに咲くその生命の循環は静かで優しく、尊くて力強いものです。

私は描くことで、それらの美しい世界をなんとか捉えたい、近づきたいという思いです。」 野崎